ピンチの時こそキャッシング

急にお金がなくなったら便利なキャッシングを利用しよう

キャッシングの基礎知識を学ぶ

キャッシングは貸金業者が提供する小口融資です。

基本的に担保や保証人なし、身分証明書の提出のみで契約することができます。

ただし、もちろん審査はあります。

審査で返済能力が認められれば融資可能ですが、認められなければ融資は受けられません。

返済能力の基準は各社で異なるため何を満たしていればOKということは言えないのですが、最低限の条件としては20歳以上で安定した定期的な収入を得ている人となっています。

よって、原則として未成年者や無職の方では申し込みができないので理解しておきましょう。

しかし例外があります。

キャッシング会社によっては高校生を除外した18歳以上を対象に融資をしてくれる会社もありますし、家賃や投資などで得た不労所得を収入と見なしてくれることもあるので、どのくらい稼ぎがあるのかということの方が重要になるようです。

審査に通過できてキャッシングが利用できるようになれば、契約時に決められた利用限度額の中で繰り返し利用していくことが可能です。

例えば、利用限度額が50万円なら50万円までの範囲でお金を借りることができ、仮に50万円から20万円を借りたら残り30万円までの範囲でお金を借りることができます。

返済すれば返済した金額分だけ利用限度額が回復しますので、きちんと返していく以上は継続的に利用できる借入になるでしょう。

今はインターネットやコンビニATMからでも借り入れができますので、1社くらいは契約しておきたい商品です。

キャッシングの利便性を活かす

数ある融資商品の中でもとりわけ利便性の高さで評価されているのがキャッシングです。

利用限度額の中で何度でも使いまわせるのが特徴であり、キャッシング会社のネット会員になればネットから銀行振り込みによる借り入れができ、キャッシングカードを所有していればコンビニATMから現金を引き出して借り入れができます。

また、返済も同様にできます。

もし引き落としに利用したいのなら、銀行振り込みで借り入れをすれば、そのまま口座にお金を残しておくことで自動的に引き落としてもらえます。

もちろんキャッシュカードで引き出して好きな用途に使っても構いません。

もし夜間に借り入れをしたいのなら、24時間営業しているコンビニATMを利用すれば直ぐにお金を工面することができます。

また、口座にお金があるのなら借りずに自分の預金を使った方がいいという声もありますが、お得さで考えた際に実は借入を利用したほうがいいケースもあるんです。

それは、直ぐに返済できる場合です。

例えば、自分のお金をキャッシュカードで引き出す際にATM手数料が105円~210円程度がかかります。

相対的に、借入をすれば利息がつきますが、直ぐに返済できるならATMの引き出し手数料よりも安く済ませられることがあるのです。

数十円~数円程度の差にはなりますが、塵も積もれば山となります。

僅かずつであっても節約していきたいと考えるのなら、効率よく借入を利用していくようにしましょう。

関連サイト